超常現象の世界

jnyin2beyond.jpg

【製作年】1975年西ドイツ
【監督】ロルフ・オルセン
【製作】ルドルフ・カルモヴィック
【撮影】フランツ・X・レダール
【日本版ナレーター】千葉耕一
【発売元】株式会社徳間コミュニケーションズ
【時間】115分
【値段】14800円
1976年に公開され、大変な反響を呼んだ「超常現象の世界」が遂にビデオ化された。この映画に収録されている超常現象の数々は、ソ連の公開念動実験、コズミックパワーを用いた小児麻痺の治療(伊)、素手による外科手術(比)等。とりわけ圧巻なのは、西アフリカの祈祷師が見せる空中浮揚である。浮揚時間65秒、地面に描かれた火の輪の中で、彼はユラリユラリと宙に浮き、何と2メートルの高さまで達したのだ。また、ブラジルはブードゥー教の呪いの実験もすさまじい。呪術師が儀式を終えるや、呪いの犠牲者である婦人を取材。激痛に喘ぐ彼女の腕をX線撮影すると、何本も針が骨に突き刺さっていた!切開して、体内から針を抜き取るところまでカメラに収められており、これには只々、呆然とするばかり 世界各国を廻って、科学者の立ち会いの下、5万メートルものフィルムを撮影。更に、貴重な記録フィルムを加えた本作は、さながら超常現象の一大エンサイクロヘディア 驚異、衝撃、戦慄、残酷――
この類稀なるドキュメンタリーは、必ずや、あなたに新たなる地平を垣間見せてくれるはずだ(青山正明)

ノストラダムスの湾岸戦争大予言

nostwar.jpg

【製作年】1991年アメリカ
【監督・構成・脚本】片桐直樹
【プロデューサー】長谷川繁幸
【音楽】河合直
【効果・ミキサー】小林賢
【ナレーター】岡部政明
【販売】にっかつビデオ株式会社
【発売】(株)ヤングコーポレーション
【時間】75分
【値段】14800円
湾岸戦争を引き起こした20世紀最後の独裁者フセインの狂気は、400年以上前、すでにある一人の男によって予言されていた。彼の名はノストラダムス。そう、ナポレオンやヒトラーの出現から、ケネディの暗殺、人類の月面歩行まで予言した、その著「諸世紀」2章34番には、今回の湾岸戦争を指す件があるのだ。歴史はその通りに推移している。だが、そのには今なお多くの謎が残されている。その代表が“分裂は奇妙な死に至る傷を負わせ、激しい決闘はフランスに災いをおよぼすだろう”という一節だ。“分裂は奇妙な死”とは、戦後のイラク国内の分裂か、あるいはアラブ諸国の分裂によって化学兵器を使用した結果の変死体の山なのか?そして“激しい決闘はフランスに~”は、ソ連国内の内乱によるヨーロッパ(当時フランスとは、ヨーロッパを意味していた)での災いを意味しているのか?ともあれ、彼が言うことの恐怖の大王が降りてくる“1999の年の7の月”は、もう間近である。

残酷人喰大陸

CANNIBALI.jpg

【原題】NUOVA GUINEA,ISOLA DEI CANNIBALI
【製作年】1974年イタリア
【製作】ロマノ・フィケーラ
【日本版ナレーター】茶川隆行
【発売元】株式会社徳間コミュニケーションズ
【時間】95分
【値段】13800円
世界初!カメラに収められた食人シーンに世界中が騒然!!
神をも恐れぬ映像とはこの作品のごときを指すのであろう。ショッキングなどという言葉で表せるような生易しいものではない。はっきりいって極悪無比な映像の連続である。
映画はニューギニアを舞台に、原住民の恐るべき生態が次々と映し出されていく。部族抗争の激しいここでは、人が殺されるのは日常茶飯事である。クククク族では、夫の死体にたかるウジ虫を妻が食べる。死者の肉体の一部を自らのものとするのだ。強烈な死臭の漂う中、淡々とウジ虫を食べる姿は、正にこの世の地獄を思わせる。その他、地獄の風葬、ワニに喰われる男、出産シーン、ライ病、指切断儀式など、これら驚くべき映像が息つく間もなく登場する。そしてさらに衝撃的なのは、カメラに初めて捉えられた食人族の姿とその食人シーンである。他部族の男を殺し、その腕を焼いて食べる男たちの姿は、人間の狂気そのものだ。<夏原武>

デス・ショット 人類最後の衝撃

deathshot.jpg

【製作年】1993年
【プロデューサー】長谷川繁幸
【監督】兵頭潤
【ナレーション】納谷六郎
【販売】にっかつビデオ株式会社
【発売】株式会社にっかつ
【時間】77分
【値段】14800円
地球が、人類が・・・。今、断末魔の悲鳴を上げている。
憎しみをぶつけあい、破滅の限りをつくす無法都市。一瞬の内に巻き起こる大惨事・・・。このビデオは、奢り高ぶった人類に対する“神の怒り”“悪魔の叫び”を<戦慄編><大事故編><世紀末編>の4つの章に分けて放つ衝撃の映像だ。
★主な収録映像
●ブエノスアイレスのイスラエル大使館が爆発。100人以上の犠牲者が出る血の惨事に(’92.3.17)
●略奪につぐ略奪で無法地帯と化したロサンゼルス暴動の実態(’92.4)
●南アフリカで警官が暴動鎮圧のため発砲。デモ隊23人が死亡。地面に散乱する男女の死体(’92.9.8)
●アルバカーキで熱気球が爆破。2人が落ちて電線に接触して死亡(’90)
●イタリアでソ連戦闘機がエアショー中に墜落(’90.9.17)
●タイ沖で寺院参拝客を乗せたフェリーと巨大タンカーが衝突。100人異常が海に放り出されて死亡(’92.3.8)
●ニューヨークの空港でアビアンカ航空機が墜落炎上。逃げ惑う乗客と散乱する死体の数々(’92.3.24)
●メキシコでガス爆発。破壊された都市の中、死傷者の無残な姿が――(’92.4.22)
●カンザスの巨大竜巻(’91.4)
●フィリピン、ピナツボ火山爆発(’91.6)
●トルコ、エンジンジャンでM6.8の大地震。376人が死亡、688人が負傷。2日後、2度目の地震により約800人が死亡(’92.2.2)
●ブラジルで地滑り土砂崩れが発生。400世帯が土砂に埋もれ、100名以上の死者が(’92.3.18)
●ハワイ、カウアイ島を襲った今世紀最大のハリケーン“イニキ”(’92.9.12)
●ユーゴスラビアの内戦。地獄と化した街、血だらけケガ人、無惨な死体の数々(’91.11)
●グルジア共和国。大統領支持者と反支持者との血みどろの戦い(’91.12)
●ソマリア。飢餓のため毎日数千人が死亡(’92.8)
●エイズで死んで行く人々の恐るべき実態

THEドキュメント 衝撃の瞬間1991

syougeki91.jpg

【発売元】(株)ヤングコーポレーション
【販売元】パック・イン・ビデオ
【時間】70分
【値段】13890円
あまりにもショッキング!!あなたは、この衝撃の瞬間を直視できるか?!
主な収録内容
■リベリアのモンロビア地方でテロ発生(’90.7.14)
■フィリピンで大地震発生(’90.7.16)
■イアンガウ英国保守党議員の暗殺(’90.7.30)
■リベリアの反政府ゲリラ(’90.7.31)
■イラク軍クウェート侵攻(’90.8.2)他

新・世界残酷物語

sinmondocane.jpg

【原題】MONDO SENZA VELI
【製作年】1985年イタリア
【監督】アルバート・トーマス
【音楽】ニコ・フィデンコ
【日本版ナレーター】森山周一郎
【発売元】株式会社徳間コミュニケーションズ
【時間】88分
【値段】14800円
ヤコペッティを遥かに凌ぐ、超残酷映像の数々!!
今世紀、最後にして最狂のショッキング・ドキュメンタリー、イタリアより上陸!
イタリアが生んだドキュメンタリー映画の巨匠、グアルティエロ・ヤコペッティの問題作「世界残酷物語」の純粋な血統を受けついだこの作品は、世界各地で今なお行われている奇妙でしかも恐ろしい風習や、文明社会での異常な行動を正面から捉えたドキュメンタリー映画である。その中には二度と撮影できない貴重なシーンの数々が収録されている。
香港の秘密クラブで行われるロシアン・ルーレット、バンコックのワニ園での恐ろしい見せ物、酷使され死んでいくラクダ、そしてその糞を選別する職業の男etc・・・。
しかし、何といっても圧巻なのが、冒頭、体に縄のついた針を刺し、宙吊りになる男とモロッコでの串刺し処刑であろう。得に後者は残酷極まりなく、恐らくこの映像が最初にして最後のものと思われる貴重なシーンだ。
全編を貫く狂気と残酷!残酷ドキュメンタリーの本場、イタリア映画界が「カランバ」に続いて放つ衝撃作に再び日本が震撼する!(夏原 武)

世界のはらわた

harawata.jpg

【原題】ECCO IL FINIMONDO
【製作】ディノ・デ・ローレンティス
【監督】パオロ・ナッツィ
【脚本】マリオ・カッロ、パオロ・ナッツィ、ジノ・E・パルトサーノ
【音楽】マルチェロ・ジョオンピーニ
【撮影】マリオ・カルボーネ、エンニオ・グエッリエリ
【発売元】株式会社東北新社
【販売元】株式会社ビデオボックス
【時間】85分
【値段】14800円
これが正視できるだろうか。イタリア映画得意の名物料理、残酷ショック・ドキュメントの決定版!!
機械文明の発展は人間生活に信じられない快適さと便利さをもたらした反面、恐るべき狂気の歪みとグロテスクな退廃を呼んだ。生々しいメニューの一部は・・・・・・現代の生き地獄・交通事故の肉体バラバラ凄絶現場記録、ニューヨークの無法地帯バワリーやハーレムの悲惨。驚くのは早い。食用動物を食べ、倒錯セックスにはげみ、精子銀行を利用、無痛分娩して、人工心臓をはめこまれた諸君は、宇宙飛行士の猛特訓を受けて地球から追い出されようとしている。名作「道」、「バラキ」の国際的大プロデューサー、ディノ・デ・ローレンティスは世界に警告する。

官能の大陸 MONDO SSESS

mondossess.jpg

【製作年】1988年イタリア
【総発売元】V&Rプラニング
【時間】80分
【値段】14800円
世紀末の予感・・・。ついに人間は自らの肉体に傷をつけ、滅亡の道を歩み始めた。性転換手術、麻薬の常用、不治の病エイズにかかった患者たち。今世紀初頭には考えもつかなかったような“状況”が、今、我々の前に映し出されている。「モンド セッツォ」は、そんな人類の“アンコントロール”な部分を忠実にルポした映画である。不条理なエクスタシーの世界へ逃避していく人間たち。官能を探究する人間たちに、もはや“ブレーキ”は効かないのかもしれない・・・・・・。
・残酷医療! サルの去勢手術のむごたらしいオペをフォーカス!
・スペインの“奇習” 牛の性器を生で食べる変な奴
・極悪非道!!南米大陸で今も繰り広げられる 棺桶麻薬輸出 中身はなんと200万ドル!
・幸せのためなら性器もいらない!? 性転換手術を リアルタイムルポ!

ジ・エンド

desmorts.jpg

【製作年】1981年フランス
【監督】ジャン・ポール・フェルプス、ドミニク・ガルニー/チエリー・ゼノ
【音楽】アラン・ピエール
【提供】モーダン・プログラムズ(株)
【発売元】東宝株式会社
【時間】104分
【値段】14800円
あらゆるタブーを破る驚異の実写フィルム
・恐怖のミイラ
・タイ・モン族の儀式
・重傷の腹部手術
・目をそむける必死の脳外科手術
・中南米ゲリラの銃殺処刑
・サンフランシスコの死体処理
・ネパールの火葬儀式

ジャンク 総集編

junksp.jpg

【総発売元】V&Rプランニング
【時間】90分
【値段】14800円
死こそ最大のドラマだ!
決定的な絶命の瞬間ばかりを集めたカルト映像。
無惨!衝撃!驚愕!戦慄!の嵐が、映像の中で吹きあれる。
断末魔の叫びがあなたの目に焼きついて離れない・・・・・・。惨劇のロードショー。
惨劇のスペシャルメニュー
●アフリカ・リベリアの死の粛清。クーデターに敗れた13人の閣僚たちの公開銃殺。その決定的瞬間!
●殺人・暴行犯ラリー・デ・シルバの電気椅子処刑!絶命するまで続けられる2000ボルトの“死のライヴ”。
●アメリカ刑務所内で行われる青酸ガス処刑実況中継。アーモンドの香りは死の片道切符。
●遊牧民、血の清算!裏切り者の生首が砂漠に転がる時・・・・・・。
●無差別殺人ライフル魔、マイク・ローレンスの射殺現場!路上に散乱する死体!死体!死体!
●防犯カメラがとらえた“死のフォーカス”番犬に喰い殺された自動車窃盗犯!その惨劇の一部始終。